【12/20】ここがポイント!人事が斬るニュース一番乗り!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今年の残日数を数えるのが恐怖になってきた…
毎日、苦心しながら記事を書いており、一日長いな~って思ってたのに
刻一刻とその時が近づく…何だろうなぁ…クリスマ…おおん…
それでは、サクッと読んで、ばっちりジジモンダイ。

無資格検査、80年代から=スバルでも隠蔽行為-調査報告:時事ドットコム

キリク

「我先にと公表してる感。もう既に、言わなきゃバレないって情勢ではないのかなぁ。
スバル、最大手じゃないからこそのきめ細かな対応に定評があるっていうイメージで、かなり好印象だったんだけどなぁ。
ここまで来てしまったら、最早性悪説を唱えるしかない。企業は不正してナンボや…
なんでここにきての不正報告ラッシュなんや。こうも立て続けに起きると、”またか…”といった感じで、その事柄の衝撃が薄れてしまうような気がします。
…それを狙ってるのかな?ズルい事した上に、ズルい方法で清算、禊しようとしてるのかなぁ…
それはともかく、どうしてこうも不正が蔓延るんやろなぁ。
ここまで来たら、とことんまで隠し通さなきゃ…”おっ、不正あったみたいやな、取りあえず謝っとくか”っていう印象が無いわけではない…
いいように損切りされ出してるような、そこはかとない不満があります。二度とスバルの車買うもんか!あっ免許ナイ…」

ヒーロアキ

「今日はやけにキリクの文章が少ないですね。いつも見当外れな見解を述べているのが風物詩だったのですが。。

また起きましたね、無資格検査。
私はクルマにはあまり興味がありませんが、スバルという名前の響きは少し好きです。
閑話休題。。
何故ここにきてこうした不祥事の告白が相次いだのでしょうか。
日本のモノ作りの体制というものに揺らぎが起きたのではないでしょうか。
海外メディアにさえ、神戸製鋼の件について大々的に取り上げられたのは記憶に新しいと思います。
皆さんがモノ作りをする企業に就職するかは分かりませんが、顧客へバリューを提供する際に気を付けなければならない事というのは
今のうちから意識して置いて損はないと思います。
陳腐な内容になってしまいますが、嘘をつかない事。これが究極のところ一番なのではないかなと。
私もハードワーク気味ではありますが、意識して嘘は付いていないと言い切れます。
社会に出て日が浅い頃は、自分の力量が分からず、いついつまでに出来るという約束を反故にしてしまう事はあったのですが
ここ最近は自分がどれくらいタスクを管理できるかという事が分かるようになってまいりましたので
自分がいつまでに成果物を出せるかという事を伝えられるようになりました。
日本は企業努力の国とも言い換える事が出来るかと思いますが、それを精彩を欠いたチェック体制による納期短縮であってはならないと思います。」

~まとめ~

え、キリク、免許無いの?そんな声が聞こえたような、聞こえなかったような。
何だろうな~、#Metooの流れみたいに(加害者側が懺悔したっていう例がある、謎)、今がチャンスとばかりに罪の告白されてもなぁ…

「この記事を読みまして、プロダクトを世に出すまでの体制、心構えというものについて改めて気を付ける必要があると痛感しました。
私はまだ社会に出ていませんが、例えば授業でのレポートなどでも、往々にしてコピペなどの問題が散見されました。
何故成果物を提出するのか、受け手、このニュースの場合は顧客、レポートの場合は教授…が
どういうものが届く事を想定しているのかというペルソナを策定する必要があると感じました。
論文のコピペに関しては論外ですが
材料の調達先を精査して原価を減らしたりなどの企業努力はあるとは思います。
しかし、顧客が大切にしている安全面に対する労力のカットは許されないものがあると感じました。
自分自身に関しても、ダウンサイジングをするにしても削れない部分などを鑑みて、誠実にバリューを創出していきたいと感じました。」

こんなところでしょうか。
ここのところ気分が重い…なんだか、本当に年末なのだろうか…という気さえします。
脳内では今年が始まって三か月くらいなんだけど…リアルとイデアルとの違和感に涙、禁じ得ず…

おあとがよろしいようで。

キリク

世の就活生には、めちゃくちゃ頑張ってほしい。 もしかしたらそこが自分の大切な居場所になるかも知れないから。

あわせて読みたい